病院薬剤師と処方箋

日々の処方鑑査や患者さん、お医者さんから質問されたことを自分なりに調べてアウトプットするブログです。

心房細動を勉強した⑤

 続きを書いていきます。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

処方Q&A循環器疾患 [ 稗田道成 ]
価格:4290円(税込、送料無料) (2021/4/8時点)

楽天で購入

 

ジギタリスがレートコントロールに向かない条件】

①腎機能低下例には使いにくい

②効果発現に6時間程度必要とし速効性に乏しい

P.163

 

【オノアクトの特徴】

・急速なレートコントロールが必要な心機能低下

ジギタリス投与が困難な慢性透析、高度腎機能障害例

・EFを低下させることなくジゴキシンより速やかに心拍数を低下させる

(ただし、試験でEF25%未満の患者は含まれていないため25%未満の患者に使用する場合は十分に注意する)

P.163

 

【オノアクトの用法・用量】

・1γ(=μg/kg/分)で静脈内持続投与開始(重症左心不全患者には0.5γから開始することもある)→心拍数、血圧をモニターしながら1~10γの範囲で調節する。(3~5γでコントロールできることが多い)

・15~20分毎(オノアクトの半減期の4~5倍)に1γずつ増量

P.163

 

 高齢者が多い病院なのでジゴシンって老年医学会から出されているように処方しづらい薬って感じがするんですがジゴシンを使いたがる先生一派が(大学の先輩、後輩らしいです)いるんですよね。(40代の先生達は使いたがらず、というか使ったところみたことないです。その先生一派いわく、ひと昔前の先生はジゴシン使いたがるよねと喧嘩になりそうな発言します)私も高齢者にジゴシンってジギタリス中毒で入院される方がよくみるのでなんだかなと思うところがあるので高齢者んいジゴキシンは反対派です。

心房細動を勉強した④

 今日は不整脈の中でもレートコントロールについていつもの本で勉強したので書いていきます。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

処方Q&A循環器疾患 [ 稗田道成 ]
価格:4290円(税込、送料無料) (2021/4/5時点)

楽天で購入

 

 

【レートコントロールの目標値】

・まず安静時110拍/分未満を目標とする

・110拍/分未満でも自覚症状や心機能の改善が見られない場合

→「安静時心拍数80拍/分未満」、「中等度運動時心拍数110拍/分未満」を目標とする

P.162

 

【レートコントロール薬の使い分け】

・レートコントール薬:βブロッカー、ワソラン、ヘルベッサー、ジギタリス、アンカロン

・レートコントロールの薬剤選択で最も重要な情報は「心収縮能」の把握

心不全の既往がない+EF≧40%→速効性があるワソラン、ヘルベッサー

・EFが低下している場合→ジギタリス、βブロッカー、アンカロン

(アンカロンレートコントールで使う機会は少なく、「低心機能患者」や「肥大型心筋症」に伴う心房細動に対しての薬理学的除細動や除細動後の洞調律維持目的に使用される)

P.162

 

 

 アンカロンってレートコントロールとリズムコントロールとか関係なく最終手段って感じがしていたのですがこの本に書いてある感じだとリズムコントロールが主のようですね。最初からレートコントロールって感じはしてなくリズムコントロールだろうって思ってたのでなんか妙に納得した。そんな1日でした。

 

 今日は娘を保育園に連れていく用の雨具を買いました。

 

 

 

心房細動を勉強した③

 続きを書いていきます。

 

【年齢と心房細動の発症について】

伏見レジストリ

試験で分かったこと:

・高齢者になるほど心房細動の有病率は増加する

・発作性心房細動→持続性心房細動→永続性心房細動の過程を経る

(→当初、発作性でも自然停止と洞調律を繰り返していくうちに徐々に持続時間が長くなり持続性心房細動を経て最終的には電気的にも薬理学的にも除細動不能な永続性心房細動となる)

P.159

 

【心房細動の種類】

発作性心房細動:持続7日以内

持続性心房細動:持続7日を超える

永続性心房細動;除細動不能なもの

P.159

 

持続性とか永続性とか先生がカルテに書いてくれているんですが何となく知ってた気になってましたが今回、勉強してよくわかりました。

 

 うちみたいな急性期を謳っているけどほぼ老人病院みたいな病院だとほぼ「持続性心房細動」かなと。

心房細動を勉強した②

 続きを書いていきます。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

処方Q&A循環器疾患 [ 稗田道成 ]
価格:4290円(税込、送料無料) (2021/4/4時点)

楽天で購入

 

【年齢と心房細動の発症について】

伏見レジストリ

試験で分かったこと:

・高齢者になるほど心房細動の有病率は増加する

・発作性心房細動→持続性心房細動→永続性心房細動の過程を経る

(→当初、発作性でも自然停止と洞調律を繰り返していくうちに徐々に持続時間が長くなり持続性心房細動を経て最終的には電気的にも薬理学的にも除細動不能な永続性心房細動となる)

P.159

 

【心房細動の種類】

発作性心房細動:持続7日以内

持続性心房細動:持続7日を超える

永続性心房細動;除細動不能なもの

P.159

 

 どうやって発作性かどうかって分かるんですかね?他の本を読むと基線の揺れが大きいと発症して時間が経ってないと書いてあったけど…。

 

 今日は家族でスーパーに行って買い物してきました。

心房細動について勉強した①

今日は不整脈についていつもの本で勉強したので書いていきます。

 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

処方Q&A循環器疾患 [ 稗田道成 ]
価格:4290円(税込、送料無料) (2021/4/4時点)

楽天で購入

 

 

 

 

【心房細動治療の目的】

脳塞栓症(心原性脳梗塞)の予防が重要

(ある研究では「心房細動の6分以上の持続や総持続時間1時間以上」は脳塞栓症のリスクであったとしている)

P.159、167

 

【心房細動治療で考えること】

①初回発症からの時間経過(発作性/慢性)

②症状の有無(症候性/無症候性)

③抗凝固療法をするかどうか(CHADS2スコアで判断)

④抗凝固薬の選択

⑤生活の上での注意点

⑥フォローアップで注意すべき点

P.159

 

【心房細動といっても発症には色々ある】

①今日初めて発作を起こした患者

②もう数年前から発作を自覚していた患者

③アルコールを飲んだ時だけ起こす患者

④抗不整脈薬を内服していても発作がある患者

心不全で多くの内服をしている患者

など多岐にわたる

P.159

 

 

 

 

 心房細動って飲酒したときにもなるんですね。毎晩、飲酒していると時折、動悸するのはAfなのかな(笑)

 今日は家族で近くの公園に遊びに行きました。娘は警戒心が強いのか人が多い公園にはあまりなじめなかったようです。

 

 

 

ジギタリスについて勉強した②

 続きを書いていきます。

 

 

ジギタリス中毒について】

1.5ng/ml≦ジギタリス濃度<2ng/ml

→悪心・嘔吐が多くみられる

 

2ng/ml≦ジギタリス濃度

→洞房・房室ブロック、心室不整脈などの循環器系副作用が多くみられる。

P.106

 

【ジゴシンとの相互作用】

①P-糖タンパク:ジゴキシンの排泄抑制→ジゴシン濃度上昇(特にクラリスキニジン、アンカロン併用時は注意)

②ループ利尿薬、チアジド系利尿薬→低K血症、低Mg血症を誘発しやすい→ジギタリス中毒起こしやすい(=併用時はK、Mg値に注意)

③腸内細菌叢への影響によるジゴキシン代謝の抑制

P.106

f:id:aisonashiyakuzaishi:20210402054241p:plain


参考;DIオンライン「 ジゴキシンとの併用、このP-gp阻害薬に注意!」

ジギタリスについて勉強した①

 今日はジギタリスについてこの本で勉強したので書いていきます。

 


 

ジゴキシンの投与目的と作用】

目的:

・EFが低下した心不全(HFrEF)+頻脈性心房細動患者のレートコントロールに用いる。(推奨度:Ⅱa)

 ・現在、高濃度のジギタリスが必要な強心作用を期待して投与することはほぼない

(強心作用は濃度依存性であり、十分な強心作用を出すには血中濃度1~2ng/mlが必要)

 ・現在は低濃度で①神経体液因子(=RAA系、交感神経系など)の改善作用、②房室伝導の抑制作用を期待して用いる。

ジゴキシン血中濃度の治療域:0.5~1.5ng/ml

(ただし、EF≦45%の心不全患者の至適血中濃度は0.5~0.8ng/ml DIG試験)

作用:

①神経体液因子(=RAA系、交感神経系など)の改善作用

②房室伝導の抑制作用

③心筋の収縮力を高める(=強心作用) 

P.106、198