病院薬剤師と処方箋

日々の処方鑑査や患者さん、お医者さんから質問されたことを自分なりに調べてアウトプットするブログです。

感染性心内膜炎について学んだった③

 続きを書いていきます。

 

 


 

 

【感染性心内膜炎の起因菌】

起因菌

頻度(%)

緑色連鎖球菌

33.3

黄色ブドウ球菌

21

その他の連鎖球菌

18.6

コアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)

11.3

腸球菌

9.8

酵母様真菌

HACEKグループ

※HACEK:インフルエンザ菌、アグレゲイティバクター・アクチノミセテムコミタンス、カーディオバクテリウム・ホミニス、

エイケネラ・コローデンス、キンゲ

P.130

 

 

【状態とカバーする菌】

IE+バイタルが不安定or心不全合併例→黄色ブドウ球菌(医療暴露歴次第ではMRSAも考慮)は絶対にカバーを外さない。

(↑黄色ブドウ球菌は破壊性が強い性質がある)

・腸球菌は頻度が低い&弁が自然弁の場合→ルーチンで腸球菌カバーはしなくてもよい。

IE+バイタルが不安定or心不全合併例→腸球菌までのカバーも検討しても良い(通常、頻度は低いが)

IE+全身状態良好+連鎖球菌+疣贅が大きくない→菌名・感受性結果がわかるまで抗菌薬投与をまつということも可能。

P.131、135

 

P.S今日の病棟は比較的落ち着いていました。